Supremeを正規品販売。supreme tシャツ。

 

使い方:

カレンダーの先の日にち(下線のついた日にち)をクリックして戴きますと予定の入っている日は その日の情報が表示されます。

 

記事一覧

メゾン マルジェラ×リーボック新作ローカットスニーカー「クラシックレザー・タビ・デコルティケ・ロー」

メゾン マルジェラ(Maison Margiela)とリーボック(Reebok)のコラボレーションによるスニーカー「クラシックレザー・タビ・デコルティケ・ロー(Classic Leather Tabi Décortiqué Low)」が登場。2022年1月28日(金)よりメゾン マルジェラの直営店舗などで発売する。

コラボスニーカーにローカットの新モデルが仲間入り



「クラシックレザー・タビ・デコルティケ・ロー」は、2021年6月に発売されたシューズ「クラシックレザー・タビ・ハイ」のローカットモデル。ルイヴィトンスニーカーコピーリーボックのスニーカー「クラシックレザー」のオリジナルのフォルムとパターンを基に、メゾン マルジェラがオートクチュールの言語で再解釈している。


アッパーは、メゾン マルジェラのクリエイティブ・ディレクター、ジョン・ガリアーノによって提起された「デコルティケ」のカットテクニックによりパネル状にカットされ、ライニングの素材が露出する仕様に。

「デコルティケ」とは、服やアクセサリーの核となる構造だけを残し解体する表現方法。アディダススニーカー メンズアイテムそのものの輪郭を強調することで、隠されていた内部構造や本質を明らかにするテクニックだ。

【関連記事】:2022年服装流行トレンドは何

毎年買い足してお店が開けるほどに!!【おしゃれプロのMyベーシック】

現場でいつも私服が素敵なおしゃれプロの、冬のMyベーシックコーディネートのルールを拝見。モデル・稲沢朋子さんのコーディネートの軸になっているのはストール。巻く、羽織る以外のお洒落テクニックは必見。
「ストールは、毎年必ず買い足してしまう定番。素材のよさやアレンジ力で好きなブランドを指名買い!」稲沢朋子さん(モデル)

「首に巻くだけでなく、さし色的に手持ちしたり、バッグのカバーにしたり。ロジェヴィヴィエ パックコーディネートに欠かせないストールは、お店が開けるくらいたくさんあります(笑)。車移動が多いので、本格コートよりも、さっとはおってアウターがわりになるストールがとても便利なんです。夏は日射し対策でリネンのストール。一年中活躍しています」



「淡いアイスブルーのカシミヤストールは、ブルーのワンピースと同系色でリンクさせて。大判で暖かく、色も合わせやすいので、今季登場頻度はNo.1!」。ジョンストンズのストールは、毎年ハウントの別注カラーをチェックしているそう。



シーズンレスに使えて旅行にも最適なエルメスの大判のカシミヤシルクスカーフは色違いで。ジョシュアエリスでは、アイコニックなチェック柄をチョイス。左のアソースメレ×スタイリスト・辻直子さんコラボは、付属のピンでとめればケープ風に。

【関連記事】:プロのファッションニュース情報センター

“ネオンカラー”のレザーバッグ&革小物

イル ビゾンテ(IL BISONTE)は、“ネオンカラー”のレザーグッズコレクション「VACHETTA MEETS NEON COLOR」を2021年5月1日(土)より全国のイル ビゾンテストアほかで発売する。

イル ビゾンテの新作は、ぱっと目を惹く“ネオンカラー”が主役。伝統的なベジタブルタンニン鞣しで作られたバケッタレザーに、ネオンピンク・ネオングリーンなどの蛍光カラーをコンビネーションさせることで、ポジティブなムードを演出する。

星型エンボス加工の「クロスボディバッグ」

ラインナップは全12型。シルエット違いで3型揃う「クロスボディバッグ」は、ストラップ部分やタッセルなど、ディテールにネオンカラーをプラス。ボディは、グレー・グリーン・ブラックなど、イル ビゾンテの定番カラーを使用してコントラストを効かせた。

同時に、ボディにスターモチーフを散りばめることで、遊び心をプラス。トレンド感のあるコンパクトなサイズ感でありながらもマチがあるので、ウォレットやスマートフォンをスムーズに収納することができる。

また、ウォレットもシルエット違いで全5型を用意。揃えて使用したいカードケースやキーケースもラインナップする。

いずれもイル ビゾンテのクラフトマンシップを感じられる温かみのあるデザインながらも、ポップなカラーリングで、持っているだけでワクワクとした気分にさせてくれる

【関連記事】:世界中のリアルなトレンドファッション(ankopi)N級品通販専門店

ルイ・ヴィトン“春色”バッグ

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)から“春色”バッグ「ネオノエ BB」と「スカラ・ミニ」が登場。
ブランドバッグ 偽物
ルイ・ヴィトンの“春色”バッグ

2021年春夏におすすめなルイ・ヴィトンの新作バッグは、キュートな春色。“マグノリア”と花の名前が付いた「スカラ・ミニ」は、折り目やプリーツから着想を得て生まれたソフトな手触りのレザーバッグだ。

牛革のマヒナ・レザーに、アイコニックなモノグラム・パターンをあしらい、華やかさをプラス。コンパクトなサイズ感でありながら、5cmのマチがあり、スマートフォンや財布など、身の回りの必需品をスマートに収納してくれる。ストラップは取り外し可能で、アレンジ次第でさまざまなスタイリングが可能だ。

一方、柔らかなピンクカラーの「ネオノエ BB」は、ルイ・ヴィトンのロゴ入りジャカードストラップが特徴的。幅広のストラップは、リバーシブルデザインで、片面にはモノグラム・フラワー モチーフを添えた。

バッグ本体は、ルイ・ヴィトンのシグネチャーの1つであるエピ・レザーを使用。バッグの内側には、2つのコンパートメントが用意されるなど、荷物の整理もスマートに行える。

「モノグラム・フラワー」モチーフのアクセサリーも

また、ルイ・ヴィトンでは、柔らかなローズヴェルールカラーのストール「ショール・モノグラム シャイン」や、ルイ・ヴィトンのシンボルである「モノグラム・フラワー」モチーフのアクセサリーなども用意。

春気分を盛り上げてくれる小物やアクセサリーは、いつものコーディネートにプラスするだけで華やかな気持ちに。自分へのご褒美にはもちろん、母の日のプレゼントや家族へのギフトなど、大切な人への贈り物としてもおすすめだ。

【関連記事】:ハコピの季節ギフトおすすめ

コーチ新作「ローグ トップ ハンドル」

コーチ(COACH)のアイコンバッグ「ローグ(Rogue)」から新作「ローグ トップ ハンドル(Rogue Top Handle)」が登場。

アイコンバッグ「ローグ」新作

2016年に発表された「ローグ」は、“自由な精神・反骨心・夢多き若者”にちなんで名付けられたコーチのアイコンバッグ。2021年秋には、デザインやサイズ展開が豊富にアップデートされた。

そんな「ローグ」シリーズに新作バッグ「ローグ トップ ハンドル」が仲間入り。ヴィンテージのスーツケースから着想を得た「ローグ」の特徴的なハンドルはそのままに、ボディに丸みを帯びた上品なフォルムを採用した。

“インパクト抜群”レザーのチェーンストラップ付き

また、「ローグ トップ ハンドル」には、レザーで覆ったインパクトのあるチェーンストラップなど長さや素材の異なる2種類のストラップが付いているので、スタイリングや気分に合わせてショルダーバッグやクロスボディバッグとしても楽しめる。

さらに、デザイン性だけでなく、機能性も充実。メインコンパートメントの前後には、必需品の仕分けに便利なポケットがセットされている。

鮮やかレッドやシグネチャー ジャカード素材など

バリエーションは、鮮やかなブリック レッドや、ペールブルーのセージ、シンプルなブラックのグラブタン・レザータイプに加え、シグネチャー ジャカード素材とグラブタン・レザー、スネークスキンを組み合わせたものが揃う。

【関連記事】:Tokei365最高のものは身近にある

30代で人気のバッグ3選

『大人プチプラバッグの新定番かも!』イタリア製でありながらリーズナブルなプライスが魅力。
 
「マルコ ビアンキーニ」は1950年にトスカーナで創業した、ハンドメイドのレザーバッグ専門ブランド。
良質なイタリアンレザーを流行のデザインに仕上げる実力派で、日本では雑誌掲載からここ数年で人気急上昇。年齢層は幅広いですが30代・40代の方がメインとなっています。

マルコビアンキーニ1

店頭売り切れ続出! 同ブランドで1番人気の2wayミニショルダーバッグ(牛革)。
小ぶりすぎない”ちょうどいい”サイズ感は使い勝手抜群。ラウンドフォルムは女性らしさとエレガントさを演出してくれ、ビジネスにもカジュアルにも使えます。 

マルコビアンキーニ2

コロンとしたフォルム&小さいサイズ感が可愛い、お出かけ用のミニバッグ(牛革)。
ショルダーベルトが付いて2way仕様。マチ広めで見た目より収納力があって優秀。

マルコビアンキーニ3

持つだけでオトナっぽく映える、マットな上質レザーを使った革ミニトートバッグ。
上品に輝くゴールドカラーの金具や、スタイルになじみやすいコンパクトなサイズ感もポイント。さらにポケットが充実していて使い勝手も◎で、普段から大活躍してくれます。

【関連記事】:女性に贈るクリスマスプレゼント&ギフト

ジャスティン デイビスのバレンタインジュエリー

ジャスティン デイビス(JUSTIN DAVIS)から、2020年バレンタインに向けた新作ジュエリーが登場。2020年2月1日(土)より発売される。

バレンタインに捧げる、ロマンティックなネックレス

大切な人への想いを伝えるバレンタイン。そんなロマンティックな日に贈るジュエリーには、たっぷりの愛をこめた全3型のネックレスを用意した。

キューピッドの矢×ハートのモチーフ

注目は、ローマ神話の“愛の神”キューピッドの矢に誓う、ハートモチーフのネックレス。可愛らしい見た目はもちろんのこと、ネックレス着用時にも乙女心をくすぐる仕掛けが。中央でセパレートになるチャームは、キューピッドの矢を、ハートの中心に通すことでぴったりとはまる、ロマンティックな構造となっている。カラーは、シルバーとゴールドの全2色を用意。

“互いの想いを結ぶ”メッセージを込めて、チェーンモチーフのネックレスも登場。小さなチェーンが中央に連なるデザインと、小さな輪を描くデザインの全2種類が展開される。カラーは、いずれもミニマルなシルバーカラーで統一した。

オリジナルパッケージのDARSプレゼント!

なお2月1日(土)からは、ジュエリー購入者に嬉しい特典も。真っ赤なハートを主役に、ブランド名を連ねたオリジナルパッケージの「DARS」がプレゼントされる。

【関連記事】:人気メンズサンダルブランド2019

トッズで人気のミニバッグ3選


“本物”を求める女性に支持される、イタリアの実力派ブランド。
そんな「トッズ」最大の誇りは、職人たちのクラフトマンシップ。最新鋭の設備を備えた工場であっても、革の選別、裁断、仕上げのステッチなどは熟練の職人の手仕事に任されています。

トッズ ミニバッグ

【セラ】
ナオミ・キャンベル、オリヴィア・パレルモなどなど、海外セレブがこぞって愛用する「セラ」。
パッと見はシンプルですが、カッティングやパーツの縫製といった、最高品質に裏打ちされる最高技術が詰まっています。
■3カラー

トッズ ミニバッグ1

【ジョイ】
トッズが誇る上質カーフの素材感を活かしたミニトート「ジョイ」。
ミニマルな見た目からは想像も付かないほど 収納力と機能性に優れています。
■4カラー

トッズ ミニバッグ2

【ウェーブ】
2015年のデビュー以来、じわじわとセレブに浸透している「ウェーブ」。
丸いフォルム×スタッズがチャーミング。シンプルコーデを格上げします!

【関連記事】:定番のスタッズデザインは1つ持っておくべき
人気カラーのヌーディーベージュ?美脚に演出してくれます!

デルヴォー新作バッグ"魔法

デルヴォー(DELVAUX)から、クリスマスに向けた新作バッグが登場。2021年11月2日(火)より全国のブティックにて販売される。

"魔法のような雪景色"で彩るクラシカルバッグ

デルヴォーの故郷・ベルギーの"魔法のような雪景色"から着想したクリスマスコレクション。「ウィンター グロウ(WINTER GLOW)」をテーマに掲げ、クラシカルなバッグを幻想的なムードで再構築した。
メゾンマルジェラ コピー

「ブリヨン MM オフピステ(Brillant MM Off-Piste)」は、アイコンバッグ「ブリヨン(Brillant)」に"スキーコース"のような曲がりくねったステッチを施したバッグ。フレッシュなオプティックホワイトで、全体をワントーンに統一することで、よりロマンティックな雰囲気に仕上げた。

ふわふわボディ×華やかシルバーバックル

ふわふわとしたシアリング素材を採用した「スウィート クラウド(Sweet Cloud)」も。冬に温もりを添えてくれるマテリアルながら、フラップとボディとを繋ぐバックルには華やかなシルバー素材を用いることで、エレガントな表情をプラスした。

"氷柱"のようなパール&ビジュー刺繍のバケットバッグ

さらに、アクセサリー感のある「パン ミニ バケット(Pin Mini Bucket)」にも注目。クロージャ―から氷柱が下りているかのように、パールやビジューの刺繍が繊細にあしらわれている。なお、カラーは温かみのあるリネングレーとなっており、年末の幸せで華やかな雰囲気を盛り上げる。

【関連記事】:大人気なので正規店に残っているかは分かりませんが

ルイ・ヴィトン、モノグラム・キャンバス×ヌメ革

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の2020年リゾートコレクションから、ウィメンズ新作モノグラム・バッグが登場。最もクラシックなモノグラム・キャンバスとヌメ革を組み合わせた「LVアイビー」、「LVムーン・アルマ」、「LVムーン・バックパック」がラインナップする。

レトロシックな「LVアイビー」は、1994年発売のバッグ「ベル・エア」から着想を得たバッグ。「ヴィンテージ風のスクールバッグ」のスタイルをモノグラム・キャンバスとヌメ革で表現し、留め具にはLV シグネチャー入りのレザーを配した。

調節可能なストラップ付きなので、ショルダーバッグとクロスボディバッグに活用できるほか、小ぶりのサイズ感はクラッチバックとしてもオススメだ。

ルイ・ヴィトンの伝統的な半月状のバッグ「アルマ」を再解釈したのは、「LVムーン・アルマ」と「LVムーン・バックパック」。「LVムーン・アルマ」は、スリムなシルエットに、新たな「V」シェイプのファスナーやレザーとチェーンを編み合わせたストラップを組み合わせたディテールで、モダンな印象に仕上げている。

また、フロントポケットや背面フラットポケットを配置し、キーケースも備えた、機能的で使いやすい「LVムーン・バックパック」は、アクティブな日にも活躍してくれること間違いなし。トップハンドルを持てばハンドバッグとしても楽しめる。

【関連記事】:自宅でできる簡単なケアで白い歯が手に入る、セルフホワイトニング

ページ移動